キャンピングカー>キャンピングカーと発電機のいい関係・・・。

暑い夏はいくら断熱のいいキャンピングカーでも暑いです。
涼しいところまで行けばいいのですが、途中のサービスエリアに泊まる時等
どうしても冷房が欲しい時があります。

夜なら能力の小さい冷風機でもある程度効きますし、ホンダ等から発売されている
発電機で結構な時間運転できて、しかも安価といい条件がそろってますから、
マナーを守りながら上手に使いましょう。

発電機がどのくらいすごいかというと、たとえば暑い夏には家庭用エアコンで車内
を冷やしながらシャワーを浴び、ドライヤーで髪を乾かしながらパソコンでメール
チェックする・・・なんてこともできるのです。

自宅と同じ条件で快適に暮らすことができるのは、発電機のおかげですね。
家庭用品をそのまま持ち込めるということはホントに便利です。
たとえば何か電気製品を買うときに、電気を意識しなくてすみます。

中古の発電機を入手して車載用に改造する方法もあります、改造の
コツはなるべくオリジナルの部品を流用し、かつ、メンテナンス性を良好にです。

キャンピングカーオーナーの方で、サブバッテリーの電圧低下で、宿泊中に困った経験は
ないでしょうか?

車中で大電流を引き込んで家電を動かしたいという方で、ジェネレーターがないとお困りの
方がいましたら「ホンダEU16i」がオススメです。

この発電機はインバーター搭載型で安定した電気を確保することができます。
例えば、電子レンジ・炊飯器・電気利用の暖房器具などを使いたいと考えている方はこの
発電機1台で、全て解決が出来ます。

メーカーホームページで小売希望価格が207,900円となっています。
高価なものですが、中古品などの安いものを買う場合は、オークションなどで
70000〜110000円前後で手に入れることができます。

前述のとおり家電が使えると書きましたが、その他の用途としてサブバッテリーが充電できる
という利点もあります。

キャンピングカーオーナーの中で、一番愛用されている発電機と言っても過言ではありません。
経済的な部分や能力面はもちろんのこと、多用途に使用できるものですからスグレモノです!
しかも静音設計で低燃費です。

このように、発電機があれば、キャンプの自由度が飛躍的に高まることは、間違いありませんね。

 

キャンピングカー

トップページ
●どんな種類があるの?
●ショップめぐりのコツ
●軽自動車キャンピングカー
●バンコンキャンピングカー
●キャブコンキャンピングカー
●バスコンに乗ってみた
●輸入車の魅力とは?
●どこに泊まる?(王道編)
●どこに泊まる?(番外編)
●スキー場に泊まろう
●都心に泊まる方法
●発電機とのいい関係
●バースト(パンク)!
●意外な醍醐味(本音編)
●北海道の醍醐味とは?
●四国の醍醐味とは?
●九州の醍醐味とは?
●沖縄の醍醐味とは?
●道の駅との関係
●改造ってどんなもの?
●楽しいバンクベット
●フロアベットの寝ごこち
●普段使いのコツとは?
●修理はどうするの?
●国産ベース車両の種類は?
●ABCって何?
●バックアイカメラって何?
●カーナビを使いこなすコツ
●ETCはサイコー!
●アクリル窓の曇りを取るコツ
●ルーフエアコンは必要?
●FFヒーターの裏技的使い方
●温水シャワー設備は必要?
●インバーターで快適生活!
●トイレ万歳!!!
●超便利!サイドオーニング!
●冷蔵庫でしあわせに!
●ソーラーシステムはいかが?
●屋根は大丈夫?こんな事に・・・。
●アルミホイル、カッコいいけど・・・。
●おいしい使い方(春・夏)編
●おいしい使い方(秋・冬)編
●トイレ中にサブバッテリーが・・・。
●エアサス=幸せの法則
●一体型ギャレーの落とし穴
●掃除を楽しく効率的に
●本当はこんなに安い!
●自作で超しあわせになろう!
●キャンピングカーショー
●こんなハズじゃなかった〜・・・。
●ありがとうキャンピングカー!
 

その他

リンク募集中
 

 
 
 
inserted by FC2 system