キャンピングカー>キャンピングカーにアルミホイル、カッコいいけど気をつけて!

アルミホイールについての内容ですが、”キャンピングカー用”
アルミホイールというものは存在しません。
(製造メーカー独自の呼び方は存在するかもしれませんが・・・)

アルミホイールは日本国内においては、規格により分類されるためです。
国土交通省が定めた一定の条件にクリアしたものでなければ、車検は通りません。

キャンピングカーにアルミホイールを装着する場合は、重量から考えても必然的に
国土交通省が定めた一定の条件をクリアしたものを、装着しなければならないことになります。

目安として、は900`まで耐えうるという条件です。
これは。タイヤ1本あたりの重さで、理論的には車検証の前軸重、後軸重をそれぞれ2で割り、
1本あたりの計算をすれば1本にかかる重さが計算できますが、物理的には水、装備、燃料など
により実際はさらに重くなっていることが考えられます。

キャンピングカーは車重があるため、タイヤ同様破損の可能性を考えなければなりません。
その点においてもアルミホイールを装着する場合は、規格をクリアしたものを装着
することをお勧めします。

上記のように、普通車用のホイルなどを無理に装着した場合は、走行中に割れるなど
事故につながりかねない事例もありますので、規格外のホイルを装着しないよう、
くれぐれもご注意下さい。

キャンピングカー

トップページ
●どんな種類があるの?
●ショップめぐりのコツ
●軽自動車キャンピングカー
●バンコンキャンピングカー
●キャブコンキャンピングカー
●バスコンに乗ってみた
●輸入車の魅力とは?
●どこに泊まる?(王道編)
●どこに泊まる?(番外編)
●スキー場に泊まろう
●都心に泊まる方法
●発電機とのいい関係
●バースト(パンク)!
●意外な醍醐味(本音編)
●北海道の醍醐味とは?
●四国の醍醐味とは?
●九州の醍醐味とは?
●沖縄の醍醐味とは?
●道の駅との関係
●改造ってどんなもの?
●楽しいバンクベット
●フロアベットの寝ごこち
●普段使いのコツとは?
●修理はどうするの?
●国産ベース車両の種類は?
●ABCって何?
●バックアイカメラって何?
●カーナビを使いこなすコツ
●ETCはサイコー!
●アクリル窓の曇りを取るコツ
●ルーフエアコンは必要?
●FFヒーターの裏技的使い方
●温水シャワー設備は必要?
●インバーターで快適生活!
●トイレ万歳!!!
●超便利!サイドオーニング!
●冷蔵庫でしあわせに!
●ソーラーシステムはいかが?
●屋根は大丈夫?こんな事に・・・。
●アルミホイル、カッコいいけど・・・。
●おいしい使い方(春・夏)編
●おいしい使い方(秋・冬)編
●トイレ中にサブバッテリーが・・・。
●エアサス=幸せの法則
●一体型ギャレーの落とし穴
●掃除を楽しく効率的に
●本当はこんなに安い!
●自作で超しあわせになろう!
●キャンピングカーショー
●こんなハズじゃなかった〜・・・。
●ありがとうキャンピングカー!
 

その他

リンク募集中
 

 
 
 
inserted by FC2 system