キャンピングカー>軽自動車のキャンピングカーを見に行ってみた

キャンピングカーが欲しい病に感染してから早一月、とりあえずいろいろな車を見てみよう
という事で、早速本やネットで調べたショップに足を運ぶ。

今回は軽自動車のキャンピングカーメーカーへ実車を見に行く。
今回調べて分かった事は、軽自動車のキャンピングカーの中にも大まかに分けて
3つのタイプがある事が分かった。

一つ目は、外観は軽のワンボックスカーそのもので、内装だけをキャンピングカー
仕様にしているもの。

二つ目は、軽トラックの荷台に居住部分を載せた仕様のもの。

三つ目は、外観は軽のワンボックスカーより少し天井が高く、その高くなった部分
に折り畳み式の簡易テントみたいなものが仕込まれていて、屋根の部分を寝床にし
て寝るというタイプのものだ。

最初に見たのは、軽トラックの荷台に居住部分を載せた仕様のものを見せてもらった、
外観はなるほど、キャブコンと言われる、大型のキャンピングカーをふた回りほど小さく
したものという感じだ、中に入ってみると意外に広い空間が広がっているのには驚いた。

内装は小さな長イスがひとつと居室後部に小さなキッチンがあるだけであるが、
箱状の室内のため思ったより空間のスペースはある感じである、
この仕様で大人2名が就寝可能との事でした。

次に、簡易テントが天井に仕込まれているタイプのものを見せてもらう、
天井を持ち上げる(ポップアップと言うらしい)となんと軽のワンボックスカーの中で
大人が立ててしまえるのだ。

この開放感が売りらしい、この天井部分にも大人二人が就寝可能との事だが、
実際には下のベットと、天井のベットで一人ずつ寝る方が、ゆったり寝られそうである。

内装は、前述の荷台に居住部分を載せた仕様のものとほとんど変わりはないが、
キッチンは少し小さいものが装備されていました。

キャンピングカー

トップページ
●どんな種類があるの?
●ショップめぐりのコツ
●軽自動車キャンピングカー
●バンコンキャンピングカー
●キャブコンキャンピングカー
●バスコンに乗ってみた
●輸入車の魅力とは?
●どこに泊まる?(王道編)
●どこに泊まる?(番外編)
●スキー場に泊まろう
●都心に泊まる方法
●発電機とのいい関係
●バースト(パンク)!
●意外な醍醐味(本音編)
●北海道の醍醐味とは?
●四国の醍醐味とは?
●九州の醍醐味とは?
●沖縄の醍醐味とは?
●道の駅との関係
●改造ってどんなもの?
●楽しいバンクベット
●フロアベットの寝ごこち
●普段使いのコツとは?
●修理はどうするの?
●国産ベース車両の種類は?
●ABCって何?
●バックアイカメラって何?
●カーナビを使いこなすコツ
●ETCはサイコー!
●アクリル窓の曇りを取るコツ
●ルーフエアコンは必要?
●FFヒーターの裏技的使い方
●温水シャワー設備は必要?
●インバーターで快適生活!
●トイレ万歳!!!
●超便利!サイドオーニング!
●冷蔵庫でしあわせに!
●ソーラーシステムはいかが?
●屋根は大丈夫?こんな事に・・・。
●アルミホイル、カッコいいけど・・・。
●おいしい使い方(春・夏)編
●おいしい使い方(秋・冬)編
●トイレ中にサブバッテリーが・・・。
●エアサス=幸せの法則
●一体型ギャレーの落とし穴
●掃除を楽しく効率的に
●本当はこんなに安い!
●自作で超しあわせになろう!
●キャンピングカーショー
●こんなハズじゃなかった〜・・・。
●ありがとうキャンピングカー!
 

その他

リンク募集中
 

 
 
 
inserted by FC2 system